配慮。

 今日も爽やかな良いお天気だった。

 そんな良いお天気に誘われて、明日夜には雨が降ると予報されていても、暫くやっていなかった愛車(ブルーバードシルフィ)の洗車を朝からやった。

 一年間はワックス掛け不要という強烈なコーティングを施しているので、そのおかげで雨の中を走行しても汚れがあまり付着しないのだが、少し気になる所があったので洗った。


 綺麗になりました。


 さて、世論調査をみても声を聞いても普通の感覚だったら採決はできそうもない安保法案。今週中には何としてでも成立させたい与党は、あの手この手でその反対を押し切ろうと図っているようだ。


 つい先日発表したばかりの、マイナンバー制度を使った低減税率の件は、早速、各方面からの反対や疑問の声を気にするあまり、ハッキリ言わないが取り消しに近い扱いとしたようだ。

 安保法案のためならば、国民が嫌がることは何でも止める「配慮」とでもいうのかな? 安保法案の強行採決がどれほど「怖いもの」かを「自覚」しているようだ。

 だが、しかし、そんな「配慮」は不要だ! 継続審議とでもすれば良い。そうでなければ、正当法で「憲法改正」から堂々とやれば良い。



 この機に及んでも、従順な「良犬ポチ」の議員の皆さんは「情けない」の一言。



 中央公聴会での発言。教授や学者「や大学生」が発言していたが、その大学生の発言の一番厳しい(政府・与党にとって)部分を、「安倍様のNHK」は放送しなかった。民放は放送していましたが・・・。

 「安倍様のNHK」も文字通り「良犬ポチ」に成り下がったようです。




 明日もゆっくりのんびりいきましょう。